TOP抗菌抗カビ試験JIS L 1921の試験を混合胞子液でできないのでしょうか?
最終更新日 : 2020/06/25

JIS L 1921の試験を混合胞子液でできないのでしょうか?

JIS L 1921のようなATPを測定する試験法ですと、混合胞子液では評価ができません。
カビによって胞子1個あたりのATP量が異なり、培養後のATP量が同じ値、もしくは減少した値であっても、菌種ごとに増加しているのか減少しているのかがよくわからなくなってしまうためです。

関連する質問