TOP除菌試験液体サンプルでの除菌試験における測定時間はどの程度がよいですか?
最終更新日 : 2020/07/17

液体サンプルでの除菌試験における測定時間はどの程度がよいですか?

液体の検体での除菌試験では、検体へ試験菌を接種した後、一定時間置いて生菌数を測定しますが、その一定時間(測定時間)についてはご指定いただく必要がございます。

測定時間に標準的な設定はなく、検体の効果を期待する時間となりますので、検体の効果をある程度予想して、測定時間を3ポイントご指定ください。(3ポイントを超える場合は試験単価が変わります。)

短時間であれば10秒~数分、長時間であれば数十分~数時間等、効果を期待する時間をご指定ください。10秒以上の時間で設定が可能です。

予想が難しい場合、時間に幅を持たせてご指定いただくことをおすすめいたします。(例:1分、3分、5分などと設定するよりは、30秒、3分、30分などと設定する)

時間が長ければ長いほど効果自体は出やすいです。ただし、検体の使用方法と設定する測定時間に差があるとデータとしては不適切ですので、その点を踏まえてご検討ください。

関連する質問